スマホアプリMetaTrader4の機能を解説

スマホアプリMT4の紹介

今回のブログでは、スマホでチャート分析ができる便利アプリMetaTrader4の基本機能を紹介します。

スマートフォンでFXのチャートを見たいと考えた場合、現在ではその手段が複数に渡って存在します。FX会社のチャートツールもあれば、プラウザにYahooファイナンスをブックマークしておいてもよいでしょう。ただ、チャートの詳細なカスタマイズをするのであれば、やはりポピュラーなMetaTrader4が便利です。

MetaTrader4には、スートフォンアプリが存在します。PC版と比べて機能に制限があるものの、基本的なインジケータは揃っています。さらにMT4対応業者のFX口座を登録すれば、アプリからMT4口座で売買することも可能です。

今回は、そんなスマートフォンアプリMetaTrader4をレビューしていきます。

  1. スマホ版MetaTrader4の基本機能
  2. インストールはGoogleストアから
  3. チャートインジケータの表示が可能
  4. 通貨を選択してチャート表示
  5. 時間別チャートの表示が可能
  6. 口座を登録すれば注文発注できる

スマホ版MetaTrader4の基本機能

最初にスマホアプリMetaTrader4の基本機能をご紹介しましょう。ざっと、画像を見てみてください。アプリのチャート画面です。

スマートフォン版MT4のキャプチャ画面

スマートフォン版MT4のキャプチャ画面

ご覧の通り、管理人のスマホ版MetaTrader4はかなりいじってあります。基本的には、以下の機能を利用することが可能です。

  • チャートインジケータの表示が可能
  • 通貨を選択してチャート表示
  • 時間別チャートの表示が可能
  • 口座を登録すれば注文発注できる

インストールはGoogleストアから

前述のような基本機能を備えたスマホアプリのMetaTrader4。元祖PC版のMT4ほどコアな使い方はできないけれど、最低限の機能は抑えたできる子です。スマホトレードを考えた場合、チャートを見るにもトレードするにも、インストールしておいて損はないアプリですね。

アプリのインストールは、AndroidでもiPhoneでもGooglePlayから簡単にできます。当然、月額無料のアプリです。追加課金も一切ありません。

GooglePlayでMT4を検索

GooglePlayでMT4を検索

上記はGooglePlayの検索画面(Andoroid版)です。検索窓に「Metatrader」と入力しましょう。MT4とMT5が出てきますが、未だ汎用性の残るMT4がお勧めです。iPhoneの場合でも、AppleStoreで同様に見つけることができます。

外出先や電車で、チャート分析したい多忙な読者の方。このツールを入れておけば、移動時間も有効に使えるトレード環境のできあがりです。管理人も愛用しています。

チャートインジケータの表示が可能

MetaTrader4アプリでは、メインウィンドウに好みのインジケータを表示可能です。インジケータには、以下のものが揃っています。

インジケータ名称備考
トレンド系
Average Directional Movement Index
Bollinger Bandsボリンジャーバンド
Envelopesエンベロープ
Ichimoku Kinko Hyo一目均衡表
Moving Average (SMA,EMA)移動平均線(単純・指数)
Parabolic SARパラボリックサール
Standard Deviation移動平均乖離率
オシレータ系
Average True Range
Bears Power
BullsPower
Comodity Channel Indexコモディティチャンネル
DeMarker
Force Index
MACDいわゆるMACD
Momentumモメンタム
Moving Average of OscillatorMACDのバー
Relative Strength Index (RSI)いわゆるRSI
Relative Vigor Index
Stochastic Oscillatorいわゆるストキャス
Williams' Percent Range
ボリューム系
Accumulation/Distribution
Money Flow Index
On Balance Volume
Volumes該当FX会社の出来高?
ビル・ウィリアムズ
Accelerator Oscillator
Alligator
Awesome Oscillator
Fractals
Gator Oscillator
Market Facilitation Index
2016年現在

メジャーなインジケータは揃っている感じで、FXのチャート分析に必要な最低限のニーズは満たしてくれることでしょう。はっきり言って、管理人の知らないインジケータも多々あります。

応用技としては、ガンマチャート(GMMA Chart)の表示も可能であったりします。実は、移動平均線を複数表示しているだけなんですけどね。基本的にはメジャーなインジケータしか揃っていませんが、うまく組み合わせてやれば特殊な分析ツールを作り出すことも可能です。ここら辺のノウハウは、また今度記事にしたいと思います。

通貨を選択してチャート表示

MT4対応業者が提供している通貨ペアなら、なんでもチャート表示させることができます。対応業者を選べば、インドルピーとかブラジルレアルとかのニッチな通貨ペアも表示可能ですよ。

管理人は、トルコリラ通貨ペア(USDTRYやEURTRY)の表示に重宝しています。トルコリラは普通のFX業者ではMT4口座を扱っていないので、OANDA Japanを使っています。トレード環境として、オアンダやアヴァトレード辺りの通貨ペアが多いMT4口座を一つ持っておくと便利ですよ。

時間別チャートの表示が可能

当然ながら、チャートは複数の時間足を表示することが可能です。スマホアプリMetaTrader4で表示できる時間足は以下の通りです。

トレードスタイル時間足
スキャル向け1分足5分足15分足30分足
デイトレ向け1時間足4時間足
スイング・長期向け日足週足月足

月足辺りのチャートになると、FX業者がデータを提供しているかどうかがポイントですね。あまりに古い過去のチャートだと、そもそもFX業者がデータを持っていなかったりします。PC版と違って、外部データのインポートができないのはご愛嬌。

口座を登録すれば注文発注できる

スマホアプリMetaTrader4は、MT4口座を登録さえすれば、売買ツールとして使うこともできます。複数のMT4口座を一括管理するのに便利ですね。

自宅のPCにインストールしたMetaTrader4とも、きっちり同期します。ポジションを保有すれば、PCのMT4にもエントリーポイントが表示されるという寸法です。当然、口座残高も同期しますよ。

MT4対応業者として思いつくのは、アヴァトレード、オアンダジャパン、FXトレードフィナンシャル辺りでしょうか。管理人はスプレッドの狭いオアンダジャパンを重宝しています。スマホアプリを入れるついでに、MT4対応口座も開いてみてはいかがでしょうか。

関連記事

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プレスリリース

登録されているプレスリリースはございません。

ピックアップ記事

  1. クラウドにFXチャート環境を構築する

    クラウドで自宅のFXチャート環境を持ち出そう

    自宅のパソコンでMetaTraderやFX会社のチャートツールを独自にカスタマイズされている読者の方…
  2. ブラジルレアルのFX

    ブラジル通貨レアル(BRL)を扱うFX会社を探せ

    このページでは、ブラジルの通貨レアル(BRL)を扱うFX会社を紹介します。結論から言えば、国内ではI…
  3. oanda-open-order-indicator

    市場の注文動向を見れるMT4インジケータがスゴイ

    FX会社の注文動向はマーケットの縮図。FX業界には顧客の注文動向を公表するディーラーがあります。代表…
ページ上部へ戻る